美容に役立つボトックス注射【リフトアップする効果もある】

年齢を感じるシワを撃退

注射

利用する目的や注意点

「う」の音を発音するときには唇をすぼめますが年齢を重ねると唇をすぼめた場合、鼻の下から唇にかけて細かい縦シワが入りやすくなります。鼻の下から上唇の上に縦シワができると一気に口元に、おばあちゃん感が出てしまい実際の年齢よりも、老けて見られる大きな要因となるようです。上唇の上に入る縦シワは唇が加齢によってボリュームダウンし、その分鼻の下周辺の筋肉に余分な力が入ることで起こります。おばあちゃん顔になってしまう、上唇の上にできた縦シワを解消するにはプチ整形のボトックス注射が、手軽で効果的です。ボトックス注射はボツリヌス製剤という筋肉の動きを弱める薬剤を、注射器を使い筋肉へと注入するという施術を行います。上唇の上にある筋肉にボトックス注射を施すことによって、その部分の筋肉の動きが弱められ余分な力も入り難くなります。結果、唇が痩せてしまい鼻の下の筋肉に余分な力がかかりできた、縦シワを解消できるという効果を発揮するのです。唇を「う」の形にすると縦シワが入るという人は、そのシワが深く刻まれる前にボトックス注射で対処すると良いでしょう。メスを使わないプチ整形のボトックス注射は手軽に受けられるということもあり、今まで美容クリニックとは無縁だった人も多く施術を受けています。プチ整形ということでチャレンジしやすいボトックス注射ですが、それでも施術後にはNGとされる行動があるので、希望する人は事前に確認しておきましょう。ボトックス注射を受けた当日はぬるめのシャワーを浴びるのはOKですが、湯船につかったりサウナに入ったりするという行動はNGです。湯船につかる・サウナに入ると血行が良くなり施術部位が腫れたり、内出血が酷くなったりするケースがあるためです。また、ボトックス注射に使われるボツリヌス製剤は熱に弱いという性質があるため、入浴などで身体を温めると効果が薄れてしまう恐れがあります。お風呂やサウナだけでなく運動やアルコールを飲むといった行為も、血行を促進することになるので施術後は避けましょう。せっかく施術を受けたのに禁止されている行動を行ったがために、効果を感じられなかったとなると元も子もありません。しっかり効果を得るためにも施術後は身体を温める行為は避けて、できるだけ安静にすることを心がけましょう。